スケジュール管理ソフト Schedule Board クチコミで30万人が利用する実力派のスケジュール管理ソフト Rumix
Home > 関連ツール > Calendar View
Calendar View
カレンダーにSchedule Boardの予定を表示。
個人的なメモもローカルファイルに書き込めます。

▲ Schedule Board(Windows版)のカレンダー表示が利用できます。
製品概要
 日付はカレンダーの形でイメージすることが多いので、Schedule Board の線表タイプの表示だけでは不便を感じることがあるかもしれません。
 Calendar View は、Schedule Board に登録されたスケジュールを、メンバーを選択して、カレンダー表示・印刷をさせる機能を持っているツールです。Calendar Viewをインストールすると、Schedule Board(Windows版)の「カレンダー」タブにカレンダーが表示されるようになります。またSchedule Board(Windows版)からF9キー押下で別ウィンドウで起動できます。完全に一体となったアプリケーション感覚で利用できます。
 なお、本製品ではスケジュールの登録・変更・削除はできません。Schedule Board 本体から行って下さい。
ダウンロード
Calendar Viewをダウンロードするには、下のリンク(ボタン)をクリックして下さい。
  (バージョン) ver 1.32
  (ファイルサイズ) 約 479 KB
  (ファイル名) CVIEW132.EXE 自己解凍インストーラー
ダウンロード
★ ダウンロードと試用は、無料です(
シェアウェアです)。
★ Schedule Board本体が別途必要です。
★ 対応OS: Windows XP/Vista/7
★ 本ソフトは、Schedule Board(Windows版)ver 3.xx と連携して動作します。また、Schedule Board(Windows版)ver 3.xx までのファイル形式と互換性があります。(Schedule Board の将来のバージョンと連携して利用できることを保証するものではありませんのでご注意下さい)。
Windows専用
Web版で登録されたデータを表示することはできますが、本製品自体はブラウザで動くものではありません。
バージョンアップ履歴
【ver 1.31→1.32 (2007.2.2)】
・コマンドライン引数にグループファイルやschファイルを指定できるように修正。
・副産物として、Schedule Boardから起動したときに、Schedule Board で開いているデータが表示されない問題を修正。
・日付罫線の描画方法を少々変更。
・Schedule Board がファイルを開いていない状態から起動したときに、「ファイルが見つかりません」と表示される問題を修正。
【ver 1.30→1.31 (2006.9.29)】
・スケジュールのフォントを変更しても反映されない問題を修正。
・起動時のスプラッシュ画面をなくし、ライセンス情報の画面とメニューを新設した。
購入案内
 Calendar Viewはシェアウェアです。ダウンロードして試しに使用するのは無料です。機能制限解除には、ライセンス購入が必要です。
シェアウェアとは?

●価格 1,080円 (消費税等8%込)
※使用するコンピューター 1台につき 1ライセンス必要です。

●ライセンス未登録時の機能制限の内容
・印刷機能が使用できません。
 購入前に印刷イメージをご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。

●購入方法
ライセンスは「ルミックス ライセンスストア」でオンライン購入ができます。
ライセンスストア
購入方法の詳しい説明は、ライセンスストア内にございます。クレジットカード支払い、銀行振込での購入が可能です。見積書・請求書等の書類も発行致します。





(c) 2008-2017 Rumix International Corporation All Rights Reserved. 会社概要 特定商取引法 個人情報保護法 ルミックス・インターナショナル株式会社